米国の貨物船にミサイル攻撃、フーシが犯行声明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アデン湾での米国の船舶に対する攻撃についてフーシが犯行声明を出した/ACAP Analysis Hub

アデン湾での米国の船舶に対する攻撃についてフーシが犯行声明を出した/ACAP Analysis Hub

(CNN) 中東イエメンの反政府武装組織フーシが、15日に行われたアデン湾での米国の船舶に対する攻撃について犯行声明を出した。

フーシのヤヒヤ・サリー准将は15日、動画の声明で「アデン湾において米国の船舶を標的とした軍事作戦を実施した。作戦に適したミサイルを数多く使用した」と明らかにした。その上で「正確かつ直接的な」打撃を与えたと付け加えた。

米中央軍はこれより前、声明で米国が所有、運航する貨物船ジブラルタル・イーグルが、フーシによる対艦弾道ミサイルの攻撃を受け、軽度の損傷を被ったと述べていた。負傷者の報告はなかった。

フーシが米国の所有、運航する船舶への攻撃に成功したのは今回が初めてとみられる。米国はフーシが紅海で攻撃を行えばこれに対応すると約束している。

イランを後ろ盾とするフーシが紅海で商船攻撃を繰り返す中、米英軍は先週、イエメンにあるフーシの拠点攻撃に踏み切っていた。

一方のフーシも、今後イエメンに対するいかなる攻撃にも必ず対応する方針を表明している。

サリー准将は、「イエメンへの攻撃に参加する」米英の船舶を「敵対する標的」と見なすと明言。今後新たな攻撃が行われれば、必ず対応して罰を与えると強調した。

「人道危機」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]