野生のカモノハシを捕獲して列車に、26歳男を検挙 オーストラリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
警察が公開した写真/Courtesy myPolice Queensland

警察が公開した写真/Courtesy myPolice Queensland

(CNN) オーストラリア北東部クイーンズランド州で、26歳の男が野生のカモノハシを捕獲したとして罪に問われている。容疑者の行方を追っていたクイーンズランド警察が6日に発表した。

警察によると、男は4日、同伴者の女性と共に同州モレイフィールドの河川でカモノハシを捕獲して列車で近郊の町へ行き、ショッピングモールに入って周りの人にカモノハシを見せたとされる。

男は保護動物を持ち去った罪や、保護動物の飼育や使用を規制する法律違反の罪に問われ、有罪になれば43万1250豪ドル(約3800万円)以下の罰金を言い渡される可能性がある。

カモノハシがどうなったのかは不明。警察は、カモノハシは近くの川に放されたとの報告を受けたとしているが、当局が発見することはできなかった。

野生のカモノハシは生息地から引き離されると具合が悪くなったり死んだりすることもあると警察は指摘、餌をやったり新しい環境に放したりしてはいけないと警告した。

「生き物いろいろ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]