「今日は何曜日?」 228時間ぶりに生存者救出、77歳女性も トルコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トルコ・シリア地震 死者4万人超 生存者救出相次ぐ

(CNN) トルコとシリアを襲った大地震の被災地で、がれきの中に閉じ込められていた女性が228時間ぶりに救出された。国営アナトリア通信が15日に伝えた。別の77歳の女性もがれきの中から助け出された。

地震発生から9日以上が過ぎ、生存者が発見できる期間は過ぎたと言われる中でも、現場ではまだがれきの中からの救出が相次いでいる。トルコ国防省は15日、南部のアディヤマン市で14日に救助隊が77歳の女性をがれきの中から引き上げる映像を公開した。地震発生から約212時間が経過していた。

助け出された女性は家族に抱き締められた。

もう1人の女性は、2人の子どもと一緒にがれきの中に閉じ込められていた。228時間ぶりに救助されると「今日は何曜日?」と問いかけたという。救助隊員はこの女性を発見した時の様子について、「私はまず彼女の手をつかんだ。話しかけ、おしゃべりして、彼女を落ち着かせた」と振り返る。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「トルコ・シリア大地震」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]