住宅地に「集中砲火」、生後5カ月の赤ちゃん含む9人死亡 ウクライナ・ハルキウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
損壊した集合住宅=26日、ウクライナ・ハルキウ/Sergey Kozlov/EPA-EFE/Shutterstock

損壊した集合住宅=26日、ウクライナ・ハルキウ/Sergey Kozlov/EPA-EFE/Shutterstock

(CNN) ウクライナ北東部ハルキウで26日、市中心部付近の住宅地が「集中砲火」を浴び、生後5カ月の赤ちゃんを含む9人が死亡した。ハルキウ州軍政トップのオレグ・シネグボフ氏が明らかにした。

死亡した人の中には、通りを歩いていた家族が含まれるという。シネグボフ氏によると、男性が生後5カ月の赤ちゃんを腕に抱えたまま死亡し、赤ちゃんの母親は重傷を負い、現在病院で手当てを受けている。

シネグボフ氏は使用された大砲についても言及し、ウクライナ第2の都市の住宅地を狙ったのは、地域住民を「恐怖に陥れる」ためとしか思えないと述べた。

「敵は多連装ロケットシステムのSMERCHとURAGAN、および大砲で砲撃を行ったが、それらの改造について我々の軍事専門家が立証中だ。入手可能なデータによると、砲撃はウクライナ軍が陣地を維持し、敵をゆっくりと国境まで追いやっている州の北側から行われた。砲火を浴びた地域は住宅地であり、砲撃の目的は地域住民を恐怖に陥れることでしかない」と同氏は説明した。

「集中砲火」を受けたのはハルキウのシェフチェンキフスキー地区とキーウスキー地区。9人が死亡したほか19人が負傷し、その中には9歳の子どもが含まれているという。

シネグボフ氏は「現在のところ、我が国の軍はしっかりと態勢を維持しており、ハルキウ市を制圧する可能性については疑問の余地はない」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]