スウェーデン政府、NATO加盟申請を決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ストックホルムで記者会見するスウェーデンのアンデション首相/Photo by Henrik Montgomery/TT News Agency/AFP/Getty Images

ストックホルムで記者会見するスウェーデンのアンデション首相/Photo by Henrik Montgomery/TT News Agency/AFP/Getty Images

(CNN) スウェーデン政府は16日、北大西洋条約機構(NATO)への加盟申請を決定したと発表した。

政府はホームページで「ロシアのウクライナ侵攻以降、根本的に変化した安全保障環境に照らせば、NATO加盟国の地位がスウェーデンの安全保障を守るための最良の道だというのが政府の評価だ」と述べた。

決定は政府が与党以外の政党も招いて行われた「安全保障分析」に基づくもので、その結論は13日に報告書として公表された。

アンデション首相は同日早く、国民の安全を守るために、スウェーデンは隣国フィンランドとともにNATOに加入すべきだと発言。申請の時期を問う質問には、週内にも行われる可能性があると答え、フィンランドとの調整が必要だとの認識を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]