ゼレンスキー氏、「本格的な重兵器」の不足訴え マリウポリ解放に不十分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミシェル欧州理事会議長と共同会見を行ったウクライナのゼレンスキー大統領=20日、ウクライナ・キーウ(キエフ)/Efrem Lukatsky/AP

ミシェル欧州理事会議長と共同会見を行ったウクライナのゼレンスキー大統領=20日、ウクライナ・キーウ(キエフ)/Efrem Lukatsky/AP

(CNN) ウクライナのゼレンスキー大統領は20日、首都キーウ(キエフ)でミシェル欧州理事会議長と共同会見を行い、ウクライナ軍には南東部マリウポリでロシア軍を撃退するだけの十分な「本格的な重兵器」がないと訴えた。

ゼレンスキー氏はマリウポリでの戦況膠着(こうちゃく)を打破しうる2つの方法を説明。「第一に挙げられるのは本格的な重兵器だ。現状、我々にはマリウポリを解放するだけの十分な兵器がない。第二の道は外交だが、ロシアは今のところこれに応じていない」と述べた。

マリウポリの封鎖が解ける日がいつになるかは分からないとしつつも、現地の部隊は勝利と自由な都市を望んでいると語り、「彼らの誰ひとりとして敵への投降は望んでいない」との認識を示した。

人道回廊を通じた避難の状況にも触れ、これまでに多数の市民がマリウポリから避難したが、「不幸にして民間人数千人がロシア支配地域に行った。これらの数千人がどうなったのかは分かっていない」と明らかにした。

さらに、ウクライナは「どのような形式であれ、ロシア軍が置き去りにした遺体や負傷者と我が国の国民を交換する用意がある」とも語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]