17歳の妻を惨殺の疑いで男を逮捕、はねた首を持ち歩く動画出回る イラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イラン西部のフゼスタン州で夫に殺害されたとみられる女性/Provided by  Masih Alinejad

イラン西部のフゼスタン州で夫に殺害されたとみられる女性/Provided by Masih Alinejad

イラン・テヘラン(CNN) イラン西部のフゼスタン州で、17歳の妻の首をはねて殺害したとされる男が逮捕され、国民に衝撃を与えている。国営イラン通信(IRNA)はこの事件を「名誉殺人」として伝えた。

逮捕されたのは夫のサジャド・ヘイダリ容疑者。IRNAによると、ヘイダリ容疑者が州都アフワズで、笑みを浮かべながら妻の首を持ち歩く動画が出回った。関係者がCNNに語ったところによれば、ヘイダリ容疑者の姿を撮影したとされるこの動画について、同じ事件に関連した動画だったことを地元当局が確認した。

CNNが見た動画の中のヘイダリ容疑者は、一方の手に刃物を、もう一方の手に少女の首を持っていた。

ヘイダリ容疑者の母親はイラン政府系ファルス通信の取材に対し、息子は以前も妻を殺すと脅したことがあり、今回の殺人は息子がやったことだと話している。

殺害された女性の名は、IRNAが「モナ」、ファルス通信は「ガザル」と伝えている。ファルス通信がヘイダリ容疑者の母親の話として伝えたところによると、女性はいったんトルコに逃れていたが、自分の父親に説得されてイランに戻っていた。

IRNAによれば、女性がヘイダリ容疑者と結婚させられたのは12歳の時だった。

女性の父親はファルス通信の取材に対し、娘の結婚を認める法的な証明書を入手していたと主張した。イランで結婚できる最低年齢は女性が13歳、男性が15歳。CNNはヘイダリ容疑者の年齢を確認できていない。

ファルス通信によると、女性は4日にトルコから帰国したばかりで、その直後に殺害された。

検察によると、ヘイダリ容疑者と、犯行に加担したとされる兄弟は逮捕された。動画を投稿したり共有したりした人物も逮捕する可能性があるとしている。

今回の事件を受けてイラン政府は、女性をドメスティックバイオレンス(DV)から守ることを目的とした法案の見直しを進めると表明。女性・家族問題省高官は「(殺人者と共謀の容疑者を)法に従って最も厳しい刑罰に処する」とツイートした。

人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)の2020年の報告によれば、イランの女性の権利運動団体などは長年にわたり、女性に対する暴力を阻止して加害者を摘発するため、そうした法律の制定を訴えていた。

イランでは2年前にも、家族のもとを離れて29歳の男性と一緒に逃げた14歳の少女が、自分の父親に鎌で殺害される「名誉殺人」事件が起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]