北朝鮮、中距離弾道ミサイル発射か ICBM発射の可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北朝鮮の金正恩総書記/KCNA/KNS/AFP/Getty Images

北朝鮮の金正恩総書記/KCNA/KNS/AFP/Getty Images

韓国ソウル(CNN) 北朝鮮が1月30日に発射したミサイルは中距離弾道ミサイルとみられることが分かった。韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、北朝鮮のミサイル開発プログラムが進展し、さらに大型の弾道ミサイルの発射試験を行う可能性があるとの見方を示した。

日韓政府によれば、発射されたのは中距離弾道ミサイル。日本政府当局者によれば、今回のミサイルは高さ2000キロに到達し、朝鮮半島の東の沖合に落下するまでに800キロ飛行した。

英シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)の防衛・軍事関連の分析を行うジョセフ・デンプシー研究員は「もし、このミサイルが通常の最高点で発射されれば、届く距離は最大3500キロから5500キロで、中距離弾道ミサイルということになり、北朝鮮にとって2017年以来、最も距離の長い試射だった」と述べた。

米当局者によれば、米国の分析でも今回の発射は「火星12」として知られる中距離弾道ミサイルだったとみられている。

中距離弾道ミサイルは太平洋にある米国のグアム島を攻撃できる可能性がある。

1月30日のミサイル発射は、北朝鮮政府にとって今年6回目の弾道ミサイル発射であり、ミサイル発射全体では7回目となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]