中国の当局者、洪水死者数を過少報告 更迭など処分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洪水に見舞われた鄭州の街路をゴムボートで移動する救助要員=2021年7月23日/Noel Celis/AFP/Getty Images

洪水に見舞われた鄭州の街路をゴムボートで移動する救助要員=2021年7月23日/Noel Celis/AFP/Getty Images

香港(CNN) 中国の当局者数十人が、昨年7月に河南省で起きた洪水で死者数を過少報告し情報の報告を怠ったとして、更迭などの処分を受けた。

河南省鄭州市で発生した洪水では398人の死者・行方不明者が発生。市街区や地下鉄の駅が浸水し、車内や地下空間でおぼれる人や地滑りや家の倒壊に巻き込まれる人が出た。

中国共産党は災害対応の調査を進め21日に報告書を公開。市などの自治体に職務怠慢があったと結論付けた。

国営新華社通信によると、鄭州市当局は災害の死者・行方不明者の情報を隠したり、報告を遅らせたりして、最大139件の意図的な報告の懈怠(けたい)があったと認められた。

報告書によれば、河南省の別の部局でも、違法に虚偽の行方不明者数を報告し、報告の手順を妨害する行為が見られた。調査は党中央委員会や国務院が監督した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]