オーストリア、欧州初のワクチン義務化へ ロックダウン再発動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストリアが、接種資格を持つ人全員にワクチン接種を義務付ける方針を明らかにした/Jan Hetfleisch/Getty Images

オーストリアが、接種資格を持つ人全員にワクチン接種を義務付ける方針を明らかにした/Jan Hetfleisch/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスの感染急拡大に直面するオーストリアのシャレンベルク首相は20日までに、年齢的に対象者となっている住民全員へのワクチン接種を来年2月から義務づける方針を発表した。実行されれば、欧州では初めての措置となる。

首相はまた、首都ウィーンでの会見で全国規模でのロックダウン(都市封鎖)を今月22日から実施し、最短でも10日間維持するとも発表した。さらに10日間の延長もあり得るとした。

感染の再加速に一様に襲われる欧州諸国で、全住民を対象にしたロックダウンを今秋に発令するのはオーストリアが初めて。シャレンベルク氏は「第5波、第6波や第7波の到来は願い下げだ。来年夏にこの種の話し合いはもうしたくない」と強調した。

同国で必要な回数のワクチン投与を終えた住民は66%以下で、欧州連合(EU)加盟国内では最低水準となっている。

オーストリア政府は最近、接種を完全に終えていない12歳以上の全住民を対象にロックダウンを発動。外出が許される数少ない理由を除いて在宅が命じられ、警官も街頭などで違反行為に目を光らせていた。同国では以前にもロックダウンを導入していた。

同国でワクチン接種の対象は12歳以上の全員。ウィーンでは15日から5〜11歳層への試験的な投与も始まった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]