EU、ベラルーシを「ギャングの政権」と非難 ポーランド国境に移民数千人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夜は気温が氷点下となる気候の中、ベラルーシとポーランドの国境近くで野宿する移民ら/Yuri Shamshur/TASS/ZUMA Press

夜は気温が氷点下となる気候の中、ベラルーシとポーランドの国境近くで野宿する移民ら/Yuri Shamshur/TASS/ZUMA Press

(CNN) ポーランドとベラルーシの国境近くで数千人の移民が足止めの状態となり、凍てつく気候の中、テントなどでの野宿を余儀なくされている。ポーランド側は兵士らを現地に派遣。移民の欧州入りを促しているとして同国と欧州連合(EU)がベラルーシのルカシェンコ大統領を非難するなど、険悪な事態となっている。

ポーランドは、ルカシェンコ氏がEUの東の境界で危機を引き起こそうとしていると非難。移民をなだれ込ませているのは、今年6月にEUと西側諸国から包括的な制裁措置を科されたことに対する報復だとの見方を示す。

ルカシェンコ氏の政権はこれを再三否定し、西側諸国のせいで移民らがひどい扱いを受けていると指摘。時に命にかかわる危険な越境を強いられているとも述べていた。

ベラルーシに対する国際的な批判の声は9日、一段と高まった。EUの執行機関の欧州委員会は、同国をまるで「ギャングの政権」のようだと非難。ルカシェンコ氏は「うその約束」で移民をそそのかし、「容易にEU域内へ入れる」と信じ込ませたと主張した。

8日には移民の集団数組が国境突破を図る場面も見られた。ポーランドの国境警備隊によると、中にはベラルーシの要員に押される形で国境のフェンスに向かってくる移民もいたという。

ポーランドのブワシュチャク国防相はフェンスを越えようとする行為を「攻撃」と形容。今後も間違いなく繰り返されると予測した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]