アフガンから避難便、米国人含む353人が脱出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マクサー社が撮影したアフガン首都カブールの国際空港の衛星写真/Maxar Technologies/Getty Images

マクサー社が撮影したアフガン首都カブールの国際空港の衛星写真/Maxar Technologies/Getty Images

(CNN) アフガニスタンからの避難便が17日、首都カブールの空港から出発し、カタールの首都ドーハへ向かったことがわかった。カタール政府の当局者が明らかにした。

当局者によれば、8月31日以降で9便目の避難便となった。アフガニスタン・アメリカン大学の教員や職員、学生をはじめ、アフガニスタンや米国、オランダ、デンマーク、オーストラリアの市民など353人を輸送している。

当局者は何人の米国人が搭乗しているのか明らかにしなかった。

乗客はドーハに到着すると避難民を現在収容している施設に移送され、新型コロナウイルスの検査を受ける。乗客は最終的な目的地へ出発するまでドーハに滞在し続ける。

カタールの当局者によれば、同国は、国際的な提携先と協力して、アフガニスタンでの移動の自由を保障するための取り組みを続ける。カタールは人道的支援の提供にも注力し続け、安定した、平和的なアフガニスタンが前進できるように促す取り組みを熱心に進めるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]