ピザや無料のタクシー、若年層にワクチン接種促す 英

ロンドン中心部ファーリンドンの店でダンスフロアに集う人々=7月19日/Alberto Pezzali/AP

ロンドン中心部ファーリンドンの店でダンスフロアに集う人々=7月19日/Alberto Pezzali/AP

(CNN) 新型コロナウイルス感染症が流行している英国で、保健省は1日、若年層に新型コロナウイルスワクチンの接種を促すための取り組みとして、テイクアウトの食べ物の割引や無料のタクシーの提供を行うと明らかにした。

英政府がこれまでに提携した企業は、ウーバーやボルト、デリバルー、ピザ・ピルグリムズ。ワクチン接種のためのウェブサイトを訪問し、国民保健サービス(NHS)を通じて予約を行った人のために、他にも割引券や割引のコードが設定される可能性がある。

英国では2020年12月に80歳以上へのワクチン接種が始まった。それ以降、ワクチン接種は段階的により若い年齢層も対象となった。

21年6月には30歳未満も1回目のワクチン接種が可能となった。英政府によれば、イングランドの18~29歳のうち約67%が1回目のワクチン接種を行っている。

英国でこれまでに行われたワクチン接種は全体で8470万回。4670万人(88.4%)が1回目のワクチン接種を終えたほか、3790万人(71.8%)が2度のワクチン接種を受けた。

イングランドは世界でも最もワクチン接種が進んだ地域のひとつ。英国のジョンソン首相は7月19日に新型コロナウイルスの流行を抑止するための規制を大幅に緩和した。同時にナイトクラブへの入場はワクチン接種の完了を条件とするとの方針も明らかにした。この方針は、18歳以上の全員が2度のワクチン接種を受ける機会が得られる9月末までに導入されるという。

英政府は各地にワクチン接種センターを開設し、予約なしでの接種を促している。政府によれば、先週末には美術館テート・モダンや衣料品店などの接種センターで60万人以上がワクチン接種を行った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]