中国中部の洪水、死者33人に さらに犠牲者増える恐れも

中国中部、「千年に一度の豪雨」

(CNN) 中国中部で発生した洪水で、死者数が少なくとも33人、行方不明者は8人となったことが分かった。当局による救出活動が続けられる中、洪水によって地下鉄の車両に乗客が閉じ込められたり、地滑りやダムおよび河川の氾濫(はんらん)を引き起こしたりする被害が出ている。

先週末から集中豪雨に見舞われている河南省では、22日の当局発表によると、数十万人が避難を強いられ、経済損失は12億2000万元(約208億円)に上ることが判明。

広大な工業および農業地帯が広がる河南省は、9900万人の人口を抱え、同国で最も人口が多い省の一つであるとともに、最も貧しい省の一つでもある。

同省の省都で、人口1200万人の鄭州市は最も深刻な規模の被害を受けており、地下鉄網の浸水によって数時間取り残されていた乗客12人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]