フィリピン空軍機が墜落、50人死亡 地上の住民も犠牲に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピン軍の空軍輸送機が着陸に失敗して墜落した/Pondohan TV

フィリピン軍の空軍輸送機が着陸に失敗して墜落した/Pondohan TV

(CNN) フィリピン南部スールー州のホロ島で4日、空軍輸送機が着陸に失敗して墜落した。空軍によると、搭乗者と地上の住民合わせて50人が死亡した。同国で軍用機の絡む事故としては過去数十年で最悪級の惨事となった。

空軍トップがCNNフィリピンに語ったところによると、南部ミンダナオ島から兵士ら90人あまりを乗せて同島へ向かったC130輸送機が滑走路に着陸できず、現地時間午前11時30分、近くの村落に墜落して爆発、炎上した。

軍が目撃者の話として発表したところによると、一部の兵士は墜落直前に飛び降り、爆発の被害を免れたという。

空軍によると、死者のうち3人は地上で巻き込まれた民間人。さらに軍要員49人と住民4人が負傷した。現場では消火活動と生存者の救出作業が行われた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]