インド、全国のトラ保護区を当面閉鎖 コロナ感染の懸念で

ゲートを閉める印ハイデラバードの動物園の職員/Noah Seelam/AFP/Getty Images

ゲートを閉める印ハイデラバードの動物園の職員/Noah Seelam/AFP/Getty Images

ニューデリー(CNN) インド政府は7日、全国のトラ保護区を閉鎖するよう命じた。国内の動物園で先週、新型コロナウイルスに感染したライオンが死ぬなど、動物への感染拡大が懸念される事態となっているためだ。

環境省傘下の保護当局によると、全てのトラ保護区で当面、観光客の受け入れを停止する。

トラは世界の生息数が4000頭を下回り、絶滅の危機に直面している。そのうちの多くが生息するインドでは近年、森林面積の拡大やトラを殺した場合の罰則強化などにより、個体数が増加傾向にある。

一方、東部タミルナドゥ州の都市チェンナイの動物園では最近、絶滅の危機にあるインドライオン数頭が新型ウイルス感染の症状を示し、このうち9歳の雌が3日に死んだ。新型ウイルスが直接の死因だったかどうかはまだ確認されていない。

動物園ではただちにすべてのライオンを隔離し、抗生物質での治療を開始した。ウイルスの株を判定するため、園内のライオンやトラなど大型ほ乳類からサンプルを採取して検査に回した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]