列車同士がトンネル内で衝突、200人超が負傷 マレーシア首都

マレーシア首都で列車同士がトンネル内で衝突し、200人以上が重軽傷を負った/google

マレーシア首都で列車同士がトンネル内で衝突し、200人以上が重軽傷を負った/google

(CNN) マレーシアの首都クアラルンプールで24日夜、列車同士がトンネル内で衝突し、200人以上が重軽傷を負った。国営ベルナマ通信が伝えた。

衝突は現地時間午後8時45分に発生。一方の列車には乗客が乗り、もう一方の列車には運転手1人のみが乗っていた。後者は試験走行中だった。

国営メディアによると、衝突は超高層ビル「ペトロナスツインタワー」に近いKLCC駅とカンポンバル駅の間のトンネルで発生。どちらの列車も時速40キロで走行していた。

国営メディアによると、乗客47人が重傷、166人前後が軽傷を負い、病院に搬送された。

ソーシャルメディア上の映像や画像には出血した乗客や車内の割れたガラスが写っている。

ムヒディン首相は運輸省と運営会社に徹底的な原因究明の調査を指示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]