南アフリカの村で襲撃 4人が焼き殺される、2人つるし首

南アフリカの東ケープ州で若者4人が焼き殺され、2人がつるし首で死んでいるのが見つかった/Google

南アフリカの東ケープ州で若者4人が焼き殺され、2人がつるし首で死んでいるのが見つかった/Google

(CNN) 南アフリカ警察(SAPS)は15日、東ケープ州で身元不明の襲撃犯によって4人が焼き殺され、2人がつるし首にされているのが見つかったと明らかにした。

SAPS東ケープ州支部の報道官はCNNに対し、同州のレディーフレア村の野原で14日夜、男性4人の焼死体が発見されたと説明。さらに、近隣の森で男性2人がつるし首で死んでいるのも見つかったと述べた。

警察報道官によると、同日夜に住民から、20代の男性4人が村内の野原で火あぶりにされているとの通報があった。

通報を受けSAPSの要員が現場に駆け付けたところ、遺体が折れ曲がった状態で横たわっているのを発見。現場検証中に別の通報が入り、近隣の森で若い男性2人がつるし首にされているのが見つかったと告げられたという。

報道官によると、このほか1人が襲撃で重傷を負って入院し、死亡した。死者7人は全員、20代の南アフリカ人。犯行動機は不明という。

報道官は現時点で逮捕者は出ていないとしつつも、7件の殺人容疑で捜査に着手したことを明らかにした。

東ケープは南アフリカの最貧州とみられており、農村部の住民100万人近くが無職となっている。地元警察の統計によると、殺人その他の暴力犯罪が急増している。

レディーフレアでは最近、他にも未解明の殺人事件が起きてニュースになっていた。

地元メディアは2月、女性3人と男性1人が自宅で刺殺されたのを受け、警察が「連続殺人の容疑者が逃走中」の可能性があるとみて捜査していると報じた。捜査の結果についてはほとんど伝えられていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]