ヨルダン国王が沈黙破り「つらい」 反乱の芽を摘んだと言及

ヨルダンのアブドラ国王(左)とハムザ王子/AFP/Getty Images

ヨルダンのアブドラ国王(左)とハムザ王子/AFP/Getty Images

アンマン(CNN) ヨルダンのアブドラ国王は7日、最近王室内で起きた騒動について、22年間の統治で「最もつらい」出来事だと声明で述べた。

ヨルダン当局は先週末、高官1人や王室メンバー少なくとも1人を含む約15人を拘束した。元皇太子で国王の異母弟のハムザ王子はメディアに向けた動画で、自宅に軟禁されていると伝えていた。

当局は、ハムザ王子が外国勢力の支援する王国を「不安定化させる」企みに加担していたと発表。王子はそれを否定していた。

アブドラ国王は「我々の1つの家の内外から反乱があり、兄、ハシミテ王家の長、この誇るべき国民の指導者として、私の受けた衝撃、痛み、怒りは何物も及ばない」と述べた。

臆測が飛ぶハムザ王子の居場所にも触れ、「彼の家族とともに、彼の王宮にいて、私の保護下にある」と明かした。

また王国の「反乱」は「芽を摘まれた」とも述べた。

ハムザ王子は故フセイン国王の息子で、1999年の国王の死去以降皇太子の地位にいた。だが、5年後の2004年にアブドラ現国王が皇太子の地位をはく奪し、代わりに自分の息子を皇太子に据えた。

ハムザ王子は先週末に英BBCに向けた動画の中で、反政府的な計画の疑いを否定。国の指導層を批判し、インターネットや電話が切断され実質的に軟禁状態にあると述べていた。

だが5日になり、王宮府はハムザ王子が国王に忠誠を誓うと署名した書簡を公表。事態は沈静化した様子を見せている。

ヨルダンは政府の汚職や不適切な統治に対する批判が高まり、経済問題も抱える。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で経済状況はさらに悪化し、失業率や貧困率は記録的高さとなっている。

人口の大半を占める若者の間で特に不満が募り、抗議デモも行われている。ただ、そうしたデモに対する寛容さは大きく減退している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]