スーチー氏、国家機密法違反で訴追 有罪なら禁錮14年も ネット遮断

クーデターに反対する抗議デモ参加者がスーチー氏の肖像を掲げる/Mg Ny@n/AP

クーデターに反対する抗議デモ参加者がスーチー氏の肖像を掲げる/Mg Ny@n/AP

ミャンマーの電話会社は運輸通信省からの指示を受け、2日朝から無線のブロードバンドのインターネット接続を切断する。ある通信会社の利用者は、追加の通知があるまで遮断が続くとのテキストメッセージを受け取った。

ミャンマーのインターネット利用者の大半は無線接続を利用しており、今回の措置でネットに接続できるのは有線回線を持つ者に限られる。

軍事政権は通話や情報の流れを遮断しようと、毎夜インターネットの遮断を実施してきた。インターネットの監視団体、ネットブロックスによると、1日も午前1時からインターネットが遮断され、47日連続の措置となった。

同国ではクーデターに反対する抗議デモが続く。治安部隊は参加者に対し、発砲や殴打、拘束、夜間の急襲などの実力を行使。ミャンマーの政治犯を支援する団体AAPPによると、これまでの死者は少なくとも543人に上る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]