北朝鮮で5年ぶりの党大会 マスクなしで5000人が一堂に

北朝鮮の党大会で、各地からの代表者5000人が一堂に会した/KCNA

北朝鮮の党大会で、各地からの代表者5000人が一堂に会した/KCNA

(CNN) 北朝鮮で5日、朝鮮労働党の党大会が始まった。金正恩(キムジョンウン)委員長をはじめ、各地の代表者ら約5000人がマスクなしで一堂に会したとみられる。

朝鮮中央通信が6日に公開した会場の写真に、マスクを着けた人の姿はなかった。

北朝鮮はこれまで、新型コロナウイルスの感染者が1人も出ていないと主張してきた。ただし新型ウイルスの危険性は十分に認識されているようだ。

1年前に新型ウイルスが見つかった直後から、外部からの渡航者は受け入れていない。内部の移動も厳しく制限されている。

これまでに、中国からの輸入品を扱う際に感染予防のルールに従わなかった税関職員を含め、対策指針に違反した2人の処刑が発表された。

北朝鮮の医療体制では大きな流行が起きた場合に対応できないとの懸念が、背景にあるとみられる。

それでも党大会を従来通りの形式で開催したのは、現行の対策で十分と判断したためとも考えられる。北朝鮮史上わずか8回目、正恩氏の体制になってから2回目という重要な行事だけに、延期は難しかったと推察される。

だが各地から集まった出席者の中に感染者が1人でもいれば、会場でクラスターが発生する可能性は否定できない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]