インド、3億人に新型コロナワクチン接種へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セラム・インスティチュート・オブ・インディアはワクチン生産で世界最大手となっている/Pratham Gokhale/Hindustan Times/Getty Images

セラム・インスティチュート・オブ・インディアはワクチン生産で世界最大手となっている/Pratham Gokhale/Hindustan Times/Getty Images

インドで承認を待っているワクチン3つのうち、2つはインド国内で製造されている。

ひとつは、英オックスフォード大学と英アストラゼネカが開発し、ワクチン生産世界大手の印セラム・インスティチュート・オブ・インディアが製造。

もうひとつは、印バラト・バイオテックとインド医学研究評議会(ICMR)が共同開発しているもの。

英ファイザーのインド部門も、米ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンについて申請を行っている。

セラム・インスティチュート・オブ・インディアの最高経営責任者(CEO)によれば、同社は現在、ひと月あたり5000万~6000万回分の新型コロナウイルスワクチンを製造しているが、来年1月か2月以降はひと月あたりの製造量を最大1億回分に引き上げるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]