11月の世界の気温、観測史上最高を記録 EU機関発表

ノルウェーの氷河で氷が溶ける様子=2020年8月25日/Maja Hitij/Getty Images

ノルウェーの氷河で氷が溶ける様子=2020年8月25日/Maja Hitij/Getty Images

ロンドン(CNN) 欧州連合(EU)のコペルニクス気候変動サービスは、世界の11月の気温が観測史上最高を記録したと発表した。欧州のこの秋は、観測史上最高の暖かさだった。

気温は北欧やシベリア、北極海の広い範囲で最も上昇した。北極海の海氷は、11月としては史上2番目の少なさだった。

米国や南米、アフリカ南部、チベット高原、南極東部、オーストラリアのほぼ全土でも、気温が平均を大きく上回った。

世界の11月の気温は、1981~2010年の平均に比べて約0.8度、昨年に比べると0.1度上昇した。異常な暖かさはラニーニャ現象の冷却効果が続く中で観測された。

オーストラリアは記録的な熱波に覆われ、東部の人気観光地フレーザー島で発生した森林火災は6週間にわたって制御不能になっている。

オーストラリア東部フレーザー島では6週間にわたって森林火災が発生している/Queensland Fire and Emergency Services/AP
オーストラリア東部フレーザー島では6週間にわたって森林火災が発生している/Queensland Fire and Emergency Services/AP

コペルニクス気候変動サービスのカルロ・ブオンテンポ局長は、「こうした記録は世界気候の長期的な温暖化傾向と一致する」と述べ、11月は世界中で「異常に温かい月」になったと指摘。北極圏とシベリア北部では気温の高い状態が続き、海氷は最少に近い状態だったと指摘した。

「これは憂慮すべき傾向であり、北極については世界の他の地域より温暖化が加速していることから、包括的なモニタリングの重要性が際立っている」とブオンテンポ局長は述べ、2015年のパリ協定順守について、これまで以上に深刻に受け止める必要があると訴えた。

コペルニクスの観測によると、2020年は観測史上、最も暑い年になるかもしれない。12月の気温がこのまま下がらなければ、観測史上最高だった2016年の記録と並ぶか、わずかに上回る可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]