中世の装束の男、剣で住民を無差別襲撃 7人死傷 カナダ

事件後に地元議会の近くに駐車する警察車両=ケベック市/Jordan Proust/AFP/Getty Images

事件後に地元議会の近くに駐車する警察車両=ケベック市/Jordan Proust/AFP/Getty Images

(CNN) カナダ東部のケベックで10月31日のハロウィーンの夜、中世風の装束の男が剣を振り回して住民に無差別に襲いかかる事件があり、警察によると2人が死亡、5人が重い裂傷を負って病院に運ばれた。容疑者の男は逮捕された。

逮捕されたのは24歳のモントリオール出身の容疑者で、氏名は公表されていない。ケベック警察の11月1日の記者会見によると、テロ組織との関係はなく、動機は個人的なものだったと思われる。警察は引き続き、動機について捜査する。

事件はケベック市内の名物ホテル「シャトー・フロンテナック」に近い旧市街で発生した。

警察は住民に対し、パーラメントヒル地区に近づかないよう呼びかけていたが、現地時間の午前1時すぎ、容疑者が逮捕されたことを公式ツイッターで明らかにした。

「シャトー・フロンテナック」付近の通りを封鎖する警察車両=11月1日、ケベック市/Jacques Boissinot/The Canadian Press via AP
「シャトー・フロンテナック」付近の通りを封鎖する警察車両=11月1日、ケベック市/Jacques Boissinot/The Canadian Press via AP

容疑者は診断のために病院へ運ばれ、1日にビデオ会議を通じて裁判所に出廷する。

警察は計画的犯行だったと見ており、精神疾患が関与した可能性があるとしている。

カナダのトルドー首相は、ツイッターへの投稿を通じて犠牲者をいたみ、負傷者の回復を祈るとツイートした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]