移民船が転覆、少なくとも140人死亡 今年最多の犠牲者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
移民船はセネガル西部のセントルイス近くで転覆したとみられている/Google Earth

移民船はセネガル西部のセントルイス近くで転覆したとみられている/Google Earth

(CNN) 西アフリカのセネガル沖で移民を乗せた船が転覆し、少なくとも140人が死亡した。国連の国際移住機関(IOM)が29日に明らかにした。このルートを航行する移民船は急増しているが、今回の転覆による犠牲者の数は今年に入って最も多かった。

IOMの発表によると、同船には約200人が乗船していた。セネガルとスペインの海軍や、近くにいた漁船などが59人を救出し、20人の遺体を回収したと報じられているという。

同船はセネガル西部のムブールを出航してスペイン領カナリア諸島に向かっていたが、出航から数時間後に火災が発生、セネガル北西部のサンルイ沖で転覆した。

IOMによれば、地中海中部では過去1週間の間に4隻の転覆が相次ぎ、英仏海峡でも1隻が転覆していた。西アフリカからカナリア諸島を目指す移民船の数は、今年に入って4倍以上に増え、1万1000隻に上っていた。

「若者の絶望に付け込む人身売買網や密輸網を解体させるため、政府や関係者、国際社会の連帯を求める」とIMOは訴えている。

セネガル政府とIOMはサンルイに調査団を派遣して、救助された人などの支援に当たる。

IOMによれば、9月だけでも移民663人を乗せたボート14隻が同じ航海を試み、うち4分の1以上が転覆したり遭難したりしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]