仏沿岸で難民ボートが転覆、少なくとも3人が死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
救助船近くに着陸するフランスの救助ヘリコプター=27日、フランス北部ダンケルク/AP

救助船近くに着陸するフランスの救助ヘリコプター=27日、フランス北部ダンケルク/AP

(CNN) 英仏海峡で難民救助に取り組む人道監視団体「チャンネル・レスキュー」によると、仏北部沖で英国に向かっていた難民ボートが転覆し、子どもを含む少なくとも3人が死亡した。

仏当局の海上監視救助網CROSSが27日に発表したところによると、ボートは仏北部カレー近郊ダンケルクから難民らを乗せ、英仏海峡を渡ろうとしていた。救助された生存者はカレーとダンケルクの病院へ運ばれた。

CROSSによると、乗っていた難民や死者の人数は不明。現場では救助活動が続いている。仏検察が転覆の原因を調べているという。

仏政府のシアッパ市民権担当相はツイッターに「難民19人を英国へ運んでいたボートが沈没したという悲しい知らせを受けた」「多くの死者が出たが人数はまだ分かっていない」と投稿した。

英国のジョンソン首相は仏当局による調査への協力を表明し、「人々の弱みに付け込んで危険な移動手段を手配する犯罪者集団」の摘発に全力を尽くすと述べた。

英仏海峡を渡るボートで英国に流入する難民は今年4月以降、急増している。英下院の統計によると4~8月だけで約4600人と、昨年1年間の合計約1800人を大きく上回った。英PA通信の分析では、今年はすでに計7400人以上がボートで英国入りしているという。

英仏間で昨年、港湾や海峡トンネルの監視が強化されたために、ボートを使う難民が増えたとみられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]