英米最下位、日本は下から4番目 政府の新型コロナ対応ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナの検査を受けるために列をなす人々=7月7日、米ロサンゼルス/Mario Tama/Getty Images

新型コロナの検査を受けるために列をなす人々=7月7日、米ロサンゼルス/Mario Tama/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスへの対応をめぐる国民の評価や、以前に比べて国民の結束が強まったかどうかについて世界14カ国で実施した意識調査の結果が、27日に発表された。

政府の対応に対する国民の評価が14カ国の中で最も低かったのは英国で、米国は下から2番目、日本は下から4番目だった。

新型コロナを機に国民の結束が強まったという回答は、米国が18%と最も少なく、下から2番目に並んだフランス、ドイツ、スペインの3カ国(39%)に比べても突出して少なかった。

一方、結束が強まったという回答が最も多かったのは72%のデンマークだった。以下はカナダ、スウェーデン、韓国、オーストラリアの順で、日本は47%で6位となっている。

今回の調査は世論調査機関の米ピュー・リサーチ・センターが北米と欧州、アジアの先進国14カ国で成人1万4276人を対象として、6月10日から8月3日にかけて電話で実施した。

新型コロナウイルスに対する政府の対応について、14カ国の平均では「良い」が73%と多数を占め、「悪い」は27%にとどまった。

しかしランキング最下位だった英国と下から2番目の米国では、「良い」とする回答は半分に届かず、それぞれ46%、47%のみだった。

この2カ国以外では、「良い」が半数を超え、日本は55%、トップのデンマークは95%だった。

新型コロナのために自分の生活が変わったという回答は、男性よりも女性の方が多い傾向にあった。

意外なことに、ウイルスの感染拡大を防止するための制限をほとんどかけなかったスウェーデンでは、生活が大きく変わったという回答が71%に上り、全面的な制限に踏み切った韓国の81%に次いで2番目に多かった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]