コロナ根絶、近い将来は「ほぼあり得ず」 WHO幹部

世界保健機関(WHO)の緊急対応責任者マイク・ライアン氏は近い将来の新型コロナウイルスの根絶はほぼあり得ないとの見方を示した/Cliff Hawkins/Getty Images

世界保健機関(WHO)の緊急対応責任者マイク・ライアン氏は近い将来の新型コロナウイルスの根絶はほぼあり得ないとの見方を示した/Cliff Hawkins/Getty Images

(CNN) 世界保健機関(WHO)の緊急対応の責任者であるマイク・ライアン氏は12日までに、新型コロナウイルス感染の現在の状況を踏まえれば世界で根絶や排除などが近い将来に起きる事態はほぼあり得ないだろうとの見解を示した。

根絶などが実現するような特別の環境を持つ島しょ国家や他の場所は出てくるだろうが、感染が再発するリスクは消えないとも述べた。

「感染者をゼロあるいはほとんどゼロにしながら国外からの要因で感染を再度招いた複数の国もあった」と説明。「より強い懸念を抱かせるのは多くの人間が集まる行事で大きなクラスター(感染者集団)が形成される事態だ」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]