歌手で活動家の男性殺害、その後の抗議デモで81人死亡 エチオピア

歌手で活動家のハチャル・フンデッサさん(34)=2019年3月、エチオピア・アディスアベバ
/Tiksa Negeri/Reuters

歌手で活動家のハチャル・フンデッサさん(34)=2019年3月、エチオピア・アディスアベバ /Tiksa Negeri/Reuters

エチオピア・アディスアベバ(CNN) アフリカ東部のエチオピアの警察は3日までに、歌手で活動家だった男性の殺害を受けて大規模な抗議デモが発生し、少なくとも81人が死亡したと明らかにした。

歌手で活動家のハチャル・フンデッサさん(34)は先月29日、首都アディスアベバで身元不明の複数の人物から銃撃を受けた。これに対する抗議デモが同市で起き、州内の複数の街にも同様の動きが波及していった。

州の警察幹部が1日、地元メディアとの会見で明らかにしたところによると、上記の町の1つ、アンボではデモの「大混乱」の中で警官3人と市民78人が死亡。市民の犠牲者の中には、ハチャルさんのおじも含まれているという。

連邦警察幹部は30日夜、抗議デモの最中にオロモ族の中心的な活動家を含む35人を逮捕したと発表した。

ハチャルさん殺害の動機は明らかになっていない。警察は、現在捜査が行われており、複数の容疑者が逮捕されていると明らかにした。

オロモ族の間で伝説的な存在となっているハチャルさんは、民族の抱える不満を歌にして人気を博した。オロモ族は自分たちが政治的に疎外されているとの主張を展開しており、2018年にはハチャルさんの音楽にのせた改革要求運動によって政権交代を実現した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]