8歳少女が死亡、雇い主の鳥逃がして暴行受ける パキスタン

パキスタン・ラワルピンディで違法に雇われていた少女が雇い主に暴行され死亡した/Farooq Naeem/AFP/Getty Images

パキスタン・ラワルピンディで違法に雇われていた少女が雇い主に暴行され死亡した/Farooq Naeem/AFP/Getty Images

(CNN) パキスタン・ラワルピンディで、メイドとして違法に雇われていた8歳の少女が雇い主に暴行されて死亡したことがわかった。警察によれば、ペットのオウムを逃がしたことで暴行を受けたという。

警察幹部によれば、ザフラさんは5月31日、餌を与えようとかごを開けたところ、オウムが飛び去ってしまった。

雇い主は罰としてザフラさんを意識がなくなるまでなぐり、その後、病院へ放置した。ザフラさんは6月1日に死亡した。

病院が警察に通報し、容疑者2人が拘束されている。

警察の初期の調査によれば、ザフラさんは病院に運ばれたときにはまだ生存していた。ザフラさんは顔や手、腹部、脚をけがしていた。大腿(だいたい)部に性的暴行を示唆するけがもあったという。

試料の法医学検査が行われて、結果が出るのを待っているという。捜査が完了するまで正式な起訴は行われない。

ザフラさんは家族の幼児の面倒を見るために雇われていた。代わりに教育費が支払われていたという。

パキスタンでは子どもの労働が大きな問題となっている。パキスタン人権委員会の試算によれば、パキスタンでは約1200万人の子どもが労働に従事している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]