動物園のライオン舎で男性の遺体発見 パキスタン

動物園のライオン舎で遺体発見 行方不明の男性 パキスタン

(CNN) パキスタン東部のラホールで、動物園のライオン舎の中から男性の遺体が発見され、警察が捜査に乗り出した。

遺体で見つかったのは、ラホールサファリ動物園の造園職員だったムハマド・ビラルさん(18)。同動物園によると、24日から行方が分からなくなり、家族が探していたが、26日になって、ライオン4頭が飼育されている囲いの中から頭蓋骨(ずがいこつ)と骨2本が見つかった。

警察は、ビラルさんが自分でライオン舎に入ったのか、それとも何者かが遺体をこの場所に遺棄したのかを調べている。

動物園側は、ライオン舎は安全だったと強調した。

ラホールサファリ動物園は、ライオンのほかにツルやシカを飼育している。

2019年8月には南アフリカで、男性が自分の飼育していたライオンに襲われて死亡していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]