入院のコロナ患者ゼロに、過去数カ月で初 NZ

ニュージーランドの新型コロナ対策を主導したジャシンダ・アーダーン首相/Hagen Hopkins/Getty Images

ニュージーランドの新型コロナ対策を主導したジャシンダ・アーダーン首相/Hagen Hopkins/Getty Images

(CNN) ニュージーランド(NZ)の公衆衛生当局は27日、同国内の病院に新型コロナウイルスの患者はいなくなったと報告した。ここ数カ月では初の事例とみられるとした。

感染者はまだ21人いるが、入院はしていないともした。27日には新たな死亡の報告もなく、新規の感染者数も5日連続でゼロとなった。

新型コロナの予防策としてジャシンダ・アーダーン同国首相は今年3月14日、国内に到着する旅行者に対し2週間の自主隔離を要請。当時の感染者数は6人だった。

同月19日には外国人の入国禁止措置を発動。当時の確認された感染者数は28人だった。首相は同月23日には全土での全面的な封鎖措置に動いていた。感染者数は102人に増えていたが、犠牲者はいなかった。

これら一連の防疫策は奏功したとみられ、5月14日には活動制限の緩和に踏み込み、段階的な経済活動の再開や公共の空間の開放へ進んだ。現在はバーの営業や公園内での運動が許され、学校の授業も始まった。

ただ、公衆衛生当局幹部は感染流行の再発に備え、対人距離の確保などの予防策を出来る限り続けるよう国民に要請。新型肺炎への警戒水準も、封じ込めたものの地域社会で感染が起きる危険性は依然あるとのレベル2に据え置かれている。

米ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによると、ニュージーランド内の感染者数は28日午後の時点で1504人、死者は22人。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]