緊急事態宣言拒んでマスク2枚、安倍首相に批判噴出

全世帯に布マスク2枚を配布すると発表した安倍首相に対する批判が噴出している/Yoshitaka Sugawara/AP

全世帯に布マスク2枚を配布すると発表した安倍首相に対する批判が噴出している/Yoshitaka Sugawara/AP

東京(CNN) 新型コロナウイルスの感染が国内で拡大し、医療崩壊を懸念する声が強まる中、全世帯に布マスク2枚を配布すると発表した安倍晋三首相に対する批判が噴出している。

新たに確認された新型コロナウイルスの症例数はこの数週間で急増し、東京などの大都市は新たな規制を打ち出している。安倍首相は布マスクの配布について1日、「急激に拡大しているマスク需要に対応する上で極めて有効」と強調した。

しかし各世帯にマスク2枚を配布するとした安倍首相の発表について同日、ネット上では批判や揶揄(やゆ)の投稿が飛び交った。

マスクが届くのは4月末になることから、感染拡大を防ぐ役には立ちそうにないと指摘する声や、アベノミクスをもじって「アベノマスク」と揶揄する声も広がった。人気漫画のキャラクターが一家で4人ずつ1枚のマスクを共有する風刺漫画も投稿されている。

緊急事態宣言を求める声に対して安倍首相が1日に、現時点で出す状況ではないとして抵抗していることにも反発が強まった。緊急事態が宣言されれば、都道府県知事が権限を持って自宅待機などの措置を指示できる。ただしそうした措置に法的拘束力はない。

安倍首相は、5000万世帯へのマスク配布を優先すると説明している。

政府は爆発的な感染の拡大を防ぐための対策を急いでいる。現時点で確認された症例数は2300例程度だが、これまでに実施された検査の件数は約3万回程度と、隣の韓国の39万4000回に比べてはるかに少ない。

この見かけ上の感染率の低さが間違った安心感を与え、市民が時にはマスクも着けずに外出を続ける原因にもなっていると、多くの専門家は危惧している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]