航空機が滑走路で炎上、医療関係者ら8人死亡 フィリピン首都

離陸中の航空機が炎上、8人死亡 フィリピン

フィリピン・マニラ(CNN) フィリピンの首都マニラにある国際空港で29日、離陸しようとした航空機が炎上し、搭乗していた8人全員が死亡した。空港関係者がCNNに明らかにした。

機体は東京に向かう予定だった。搭乗者名簿によると米国人1人とカナダ人1人、フィリピン人6人が搭乗していた。

赤十字の広報担当者は搭乗者の中に医療関係者が含まれていたと説明した。

フィリピンの地元メディアは機体が医療用品を輸送していたと報じている。炎上したのは滑走路上だったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]