サウジ、王室の高位メンバー3人を拘束 米紙報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サウジのムハンマド皇太子。今回の拘束については、ムハンマド皇太子の地位を強化するための動きとの見方が出ている/Lintao Zhang/Getty Images

サウジのムハンマド皇太子。今回の拘束については、ムハンマド皇太子の地位を強化するための動きとの見方が出ている/Lintao Zhang/Getty Images

(CNN) サウジアラビア当局が王室のメンバー3人を拘束したことが9日までに分かった。同国のムハンマド皇太子の地位を強化するための動きとみられる。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とニューヨーク・タイムズ(NYT)が、事情に詳しい関係者に取材して報じた。

事情に詳しい関係者がWSJに明らかにしたところによると、6日に拘束された3人のうち2人はサルマン国王の弟のアーメド・ビン・アブドゥラジズ氏と前皇太子のムハンマド・ビン・ナエフ氏。「クーデターを企て、国王とムハンマド皇太子を失脚させようとした疑いがもたれている」という。

事情に詳しい関係者がWSJに明らかにしたところによると、アーメド・ビン・アブドゥラジズ王子も拘束されたという/Amr Dalsh/REUTERS
事情に詳しい関係者がWSJに明らかにしたところによると、アーメド・ビン・アブドゥラジズ王子も拘束されたという/Amr Dalsh/REUTERS

拘束されたもう1人はビン・ナエフ氏の弟だと、NYTとWSJは報じている。

サウジ政府や国営メディアは今回の拘束について発表していない。

CNNが繰り返しサウジの情報筋に状況の確認を求めたところ、逮捕の事実はないとの返答が寄せられている。王室メンバーの粛正に関するうわさは、後になって事実に基づくものではなかったと判明するケースも多い。

ビン・ナエフ氏は過去数年にわたり自宅軟禁の状態が続いているが、サウジ当局は公にこれを認めていない。同氏を今になって逮捕する理由を巡り、疑問の声が複数上がっている。 2017年、サルマン国王は皇太子だったビン・ナエフ氏を解任し、自身の息子のムハンマド氏をその後釜に据えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]