サウジ、女性ラッパーの逮捕を指示 「メッカガール」のMV問題視

サウジアラビア当局者音楽ビデオ「メッカガール」を投稿したとして女性ラッパーらを逮捕した
/From Youtube

サウジアラビア当局者音楽ビデオ「メッカガール」を投稿したとして女性ラッパーらを逮捕した /From Youtube

(CNN) サウジアラビア当局は27日までに、動画投稿サイト「ユーチューブ」に「メッカガール」と題した音楽ビデオを投稿したとして、女性ラッパーと撮影陣の逮捕を指示した。

アサイエルを名乗るラッパーが先週投稿した動画には、聖地メッカ出身の女性の境遇をラップで表現する姿が映っている。女性が頭にスカーフをかぶり、周囲にダンサーや子どもを従えてコーヒー店で歌を披露する様子も確認できる。

地域当局の公式ツイッターによると、メッカ州知事を務めるハーリド・ビン・ファイサル王子は、楽曲制作に関与した者を逮捕するよう指示。この楽曲について「メッカの人々の慣習と伝統を損なうもので、尊敬を集めるメッカ住民のあり方や伝統と相反する内容」だと指摘した。

ファイサル王子はまた、関係当局による捜査と処罰も指示した。アサイエルさんのユーチューブ上のアカウントは今週削除されたが、問題視された動画は他のユーザーが多数投稿している。

メッカは預言者ムハンマドの生誕の地にして、イスラム教最大の聖地でもある。「ハッジ」と呼ばれるメッカへの巡礼はイスラム教の柱の一つになっている。

サウジはこのところ、自国の厳格な社会秩序を現代に適合させ、女性に対する制約の一部を緩和する取り組みを進めてきた。

サウジ政府は昨年12月、レストランにおける男女の分離を廃止。同8月には女性によるパスポート所持の禁止や、男性後見人の同意を得ない海外旅行の禁止を撤廃した。2017年の改革では女性に運転の権利を付与し、18年には女性向けの運転免許証を初めて発行している。

ただ、依然として厳しい規則が数多く残るのが実情で、女性ラッパーへの対応を受け、活動家からはサウジの取り組みの限界を示す事例だとの指摘が上がった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]