中国の大気汚染、新型肺炎流行後に減少 工場など停止で

NASAが公開した衛星画像。中国上空で二酸化窒素が大幅に減少した様子を捉えている/NASA

NASAが公開した衛星画像。中国上空で二酸化窒素が大幅に減少した様子を捉えている/NASA

(CNN) 新型コロナウイルスの感染が拡大した後、中国の大気汚染がおさまっていることがわかった。米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)が人工衛星からの画像を公開した。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、多くの工場で生産が停止し、移動も制限されている。中国本土では数万人が感染し、2700人以上が死亡している。

1月1日から20日までの衛星画像には中国各地で高濃度の二酸化窒素が写っていた。しかし、2月10日から25日の画像には二酸化窒素の痕跡はほとんど見られない。二酸化窒素は車両や発電所、工業用施設などから排出され、せきやぜんそくなど呼吸器関連の問題を引き起こす可能性がある。

NASAの科学者によれば、当初減少がみられたのは、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった湖北省武漢市だった。NASAの専門家は、特定の出来事によってこれほど広範囲に大規模な減少が発生したのを見たのは初めてのことだと述べた。

武漢上空を捉えた画像。汚染物質の量が減少したことが示されている /NASA
武漢上空を捉えた画像。汚染物質の量が減少したことが示されている /NASA

大気汚染は春節(旧正月)の前後には多くのビジネスが休止するため減少する傾向があるが、研究者は、今年に関しては休日や天候の影響によるもの以上の減少だったとみている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]