小学校の教師3人死亡、武装組織の襲撃か ケニア

ケニアの小学校にイスラム過激派のものとみられる襲撃があり、教師3人が死亡した

ケニアの小学校にイスラム過激派のものとみられる襲撃があり、教師3人が死亡した

(CNN) 東アフリカ・ケニアの警察は13日、同国北東部の小学校に対して、イスラム過激派「シャバブ」によるものとみられる襲撃があり教師3人が死亡したと明らかにした。

襲撃があったのは現地時間午前2時ごろで、ソマリアとの国境に近いガリッサ郡の町だった。ソマリアではここ数週間、シャバブによる襲撃が増えていた。

警察によれば、武装組織は警察の施設や電波塔にも損害を与えた。

ガリッサ近くの村でも先週、シャバブによる襲撃があり、近くの警察の施設に避難しようとした子ども4人が殺害されていた。

シャバブはソマリアを拠点にしているが、ケニアにある学校やホテルなどの公共施設に対する襲撃を行っている。2015年にはガリッサにある大学を襲撃し、147人を殺害した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]