フィリピン南部でM6.8の地震、6歳女児含む3人死亡

ミンダナオ島ではこの数カ月、地震が相次いでいる/Ferdinandh Cabrera/AFP/Getty Imagess

ミンダナオ島ではこの数カ月、地震が相次いでいる/Ferdinandh Cabrera/AFP/Getty Imagess

フィリピン・マニラ(CNN) フィリピン南部のミンダナオ島で15日、マグニチュード(M)6.8の地震があり、6歳の女の子を含む3人が死亡した。

ダバオデルスル州知事によると、6歳の女の子は倒壊した自宅の下敷きになって死亡した。

消防は3人の死亡を確認し、パダダの市場が倒壊したことを明らかにした。

ミンダナオ島はフィリピンで2番目に大きな島で、観光地としても人気がある。ソーシャルメディアには、ホテルのプールの水があふれたり、ショッピングモールから買い物客らが集団で避難する動画が投稿されている。

地元住民によると、学校の建物にも大きな被害が出ているが、日曜だったため校内は無人だった。

ダバオデルスル州知事は、3階建ての建物1棟が倒壊したとしている。

地震はミンダナオ島の最大都市ダバオ市を直撃。市内の学校は16日が休校となり、橋は亀裂ができたため通行止めになっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]