通貨の両替に不満、従業員を拘束した観光客を逮捕 イタリア・ベネチア

事件現場近くのリアルト橋/Kara Fox/CNN

事件現場近くのリアルト橋/Kara Fox/CNN

(CNN) イタリア・ベネチアでこのほど、通貨の両替に不満を持った男(46)が従業員の女性を人質にして立てこもる出来事があり、男は誘拐の容疑で逮捕された。

イスラエルの男は観光客として数日間、ベネチアに滞在していた。男はリアルト橋の近くにある両替所で100ドルをユーロに両替するように頼んだ。

しかし、受け取った金額に満足せず、両替をキャンセルし、金を返すよう要求した。

さらに男は建物内に両替所の女性従業員とともに立てこもった。

警察によれば、男はシャッターを下ろし、30分以上にわたって女性がブースの外に出られないようにした。おびえた女性が警察に通報したという。

男は誘拐の容疑で逮捕された。金は返されなかったという。

7月には、ドイツ人の観光客2人がリアルト橋付近でコーヒーをいれていたところを捕まり、罰金の支払いと町からの退去を指示される出来事も起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]