散策中の女性、メタリカの爆音でピューマ追い払う カナダ

ディー・ギャラントさんと愛犬のマーフィー。散策中にピューマと遭遇した/Denise Gallant

ディー・ギャラントさんと愛犬のマーフィー。散策中にピューマと遭遇した/Denise Gallant

(CNN) カナダ西部バンクーバー島で、散策中の女性が米ヘビーメタルバンド「メタリカ」の曲を携帯電話で流してピューマを追い払う出来事があった。

ディー・ギャラントさん(45)は先月23日、同島サウスダンカンの森を飼い犬と散策。森に数キロ入った地点で振り向いたところ、ピューマに後を付けられていた。

これほど近くでピューマを見た経験はなかったため、最初は興味を持ったが、やがてピューマが近づいて来ているのに気付いた。叫び声を上げるとピューマは動きを止めたものの、後退することはなかった。

ギャラントさんが腕を振って「悪い子」「向こうに行け」などと叫んでみても、ピューマはじっとしたままだった。

そこでギャラントさんは、携帯電話で思いつく限り最も迫力のある音を出すバンドの曲を選び再生した。メタリカの「Don’t Tread On Me」だった。

これが功を奏したようで、最初の数音を聞いたピューマは逃げ去っていった。ドラムの重い音とジェイムズ・ヘットフィールドのボーカルのコンビネーションに、好奇心旺盛なピューマも手に負えないと判断したようだった。

ピューマとの遭遇は5分ほど続いたが、ギャラントさんは怖くはなかったと話す。「これほど長くピューマを見ることができて本当にクールだった」

ハイキングの残りの時間中、ギャラントさんはこの曲をかけ続け、道の中央を歩いて飼い犬をそばに置いておくように心がけた。「あの日窮地を抜け出せたのは絶対にメタリカのおかげだと思う」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]