クレタ島で遺体発見の米研究者、窒息死と判明 殺人事件で捜査

ギリシャのクレタ島で消息を絶っていた米国人研究者が遺体で見つかった/Searching for Suzanne/Facebook

ギリシャのクレタ島で消息を絶っていた米国人研究者が遺体で見つかった/Searching for Suzanne/Facebook

(CNN) ギリシャのクレタ島で行方不明になっていた米国人研究者が遺体で見つかり、警察は10日、窒息死との見方を示した。所属研究機関によると、ギリシャ警察は殺人事件として捜査に乗り出している。

死亡したのは女性研究者のスーザン・イートンさん(59)。勤務先の独マックス・プランク研究所によれば、8日に遺体が見つかった。

イートンさんの専攻は生物学で、クレタ島北西部の正教会アカデミーで行われた学会に出席していた。今月2日のジョギング中に失踪したとみられている。

マックス・プランク研究所は声明で、地元警察が殺人事件で捜査を進めていると説明。「警察は事件に関与した者を裁判にかけるべく包括的な対応を取っている」と明らかにした。

同研究所は遺族に弔意を表明した。イートンさんには英国人科学者の夫と2人の息子がいるという。

家族がフェイスブックに開設したページによると、イートンさんは1日に30分走るのが日課だった。正教会アカデミーの敷地から5キロ以内をジョギング中に行方不明になったと家族はみている。

一方、マックス・プランク研究所は、イートンさんがジョギングに出かけていた可能性が最も高いとしつつ、当日は暑かったことから、泳ぎにいった可能性もあるとの見方を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]