メイ英首相、国防相を更迭 ファーウェイ情報漏洩巡り

英国のウィリアムソン国防相が、メイ首相によって更迭された/Jack Taylor/Getty Images

英国のウィリアムソン国防相が、メイ首相によって更迭された/Jack Taylor/Getty Images

ロンドン(CNN) 英国のメイ首相は2日までに、ウィリアムソン国防相を更迭した。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に関する英国家安全保障会議(NSC)の決定事項を漏らしたためとしている。

これに先立ち英紙デイリー・テレグラフは、英政府がファーウェイによる次世代通信規格「5G」への一部参入を認める方針だと報道。政府はこの情報が同紙にリークされた経緯を調べていた。

その結果、NSCの情報が漏れた状況を巡り、ウィリアムソン氏の国防相としての務めを果たす能力、および閣僚としての能力に対する信頼が失墜したとして、更迭を決めた。

ウィリアムソン氏は1日にツイッターに掲載した書簡の中で、自分が情報源だったことは「断固として」否定。「私の省からNSCの情報が漏れたと思われたことを遺憾に思う。それは事実ではなかったと強く確信している」と述べ、「今回の情報漏洩(ろうえい)に関する私の一切の関与を強く否定する。徹底した公式調査が行われれば、私の立場は立証されていたはずだ」と訴えた。

さらに、メイ首相から辞任を求められたものの、辞任すれば罪を認めたことになると考えて受け入れなかったことを明らかにした。

米国や欧州の一部の国は、ファーウェイ製品が中国によるスパイ活動に利用される可能性があると主張。オーストラリアなどの5G市場から締め出される中で、ファーウェイは英政府の説得に力を入れていた。

メイ首相はウィリアムソン氏の後任の国防相に、ペニー・モーダント女性・機会均等担当相を指名した。同国では初の女性国防相となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]