フィンランド総選挙 中道左派が勝利、政権交代へ

選挙戦の勝利を祝う社会民主党(SDP)のリンネ党首(中央)=14日/ANTTI AIMO-KOIVISTO/AFP/AFP/Getty Images

選挙戦の勝利を祝う社会民主党(SDP)のリンネ党首(中央)=14日/ANTTI AIMO-KOIVISTO/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) フィンランドで14日、議会(定数200)選挙が行われ、CNN系列の地元メディアによれば、社会民主党(SDP)が得票率17.7%で第1党となった。

第2党は反移民を掲げる右派のフィン人党で、得票率は17.5%だった。連立与党を組んでいた国民連合と中央党の得票率はそれぞれ17%と13.8%だった。

ロイター通信によれば、どの党も得票率が20%を下回ったのは過去100年で初めて。連立政権樹立に向けた話し合いは長期化する可能性が高そうだ。

左派勢力3党で76議席を獲得する見通しだが、過半数には足りない。このため連立政権樹立には主要な中道政党を取り込む必要がある。

SDPのリンネ党首が政権樹立に向けて中心的な役割を果たすことになりそうだ。左派の首相が誕生すれば、フィンランドでは2003年以来となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]