世界最高層ビルにNZ首相を投影、イスラム社会への共感に敬意 UAE

アーダーン首相がスカーフをまとった女性を抱擁する様子/Mark Tantrum/Getty Images AsiaPac/Getty Images

アーダーン首相がスカーフをまとった女性を抱擁する様子/Mark Tantrum/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) 50人が死亡したニュージーランドのモスク(イスラム教礼拝所)襲撃事件で被害者に寄り添い、決然とした姿勢を示して世界の称賛の的になったジャシンダ・アーダーン首相。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにある世界最高層ビル、ブルジュ・ハリファ(高さ830メートル)に、敬意を込めてその姿が映し出された。

頭をスカーフで覆ったアーダーン首相の姿は、22日にブルジュ・ハリファに投影された。

「ジャシンダ・アーダーン首相とニュージーランドに感謝を込めて。世界のイスラム教徒を震撼(しんかん)させたテロ攻撃の後、あなたが示した心からの共感と支持は、15億人のイスラム教徒の尊敬を勝ち得ました」。ドバイのムハンマド首長はツイッターにそう書き込んだ。

ライトアップされたブルジュ・ハリファの壁面には、事件後にアーダーン首相が国民を抱き締める姿が、「平和」のメッセージとともに映し出された。

アーダーン首相は世界最年少の女性首脳として2017年に就任した。22日に営まれた追悼集会では「ニュージーランドはあなた方と共に哀悼します。私たちは1つです」とイスラム社会に語りかけ、預言者ムハンマドの言葉を引用して「互いの優しさ、思いやり、共感を信じる者は一体も同然です。身体のどこかに苦しいところがあれば、身体全体が痛みを感じます」と述べていた。

15日に起きた事件では2つのモスクが襲撃され、50人が命を落とした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]