マレーシア、第16代国王を選出 15代の退位受け

マレーシアの第16代国王に、中部パハン州のアブドゥラ州王が選出された/-/AFP/AFP/Getty Images

マレーシアの第16代国王に、中部パハン州のアブドゥラ州王が選出された/-/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) マレーシアの第16代国王に、中部パハン州のアブドゥラ州王(59)が選出された。

第15代国王のムハンマド5世が今月、任期途中で突然退位したことを受け、24日に開かれた統治者会議で決まった。

今月31日の式典で正式に就任する。

同国では全13州のうち、知事制の4州を除く9州の州王の中から、ほぼ持ち回りで国王が決まる。アブドゥラ氏は今月15日、高齢の父から州王の座を引き継いだばかり。これが国王就任への布石とみられていた。

アブドゥラ氏はスポーツとのかかわりが深いことで知られ、アジアホッケー連盟の会長や国際サッカー連盟(FIFA)の理事を務めている。

国王の任期は5年。恩赦や首相任命などの権限を持つものの象徴的な役割に限られ、交代による国政への影響はないとの見方が強い。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]