金正男氏殺害事件 審理継続か判断へ、釈放の可能性も マレーシア

マレーシアで殺害された金正男(キムジョンナム)氏/Getty Images

マレーシアで殺害された金正男(キムジョンナム)氏/Getty Images

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、裁判所は16日、殺人罪に問われた女2人について、審理を継続するに足る証拠がそろっているかどうか判断を下す。

インドネシア国籍のシティ・アイシャ被告とベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告は、昨年2月にクアラルンプールの空港で、正男氏の顔に猛毒の神経剤「VX」をなすりつけて死亡させた罪に問われている。

裁判官が証拠不十分と判断すれば、2人はその日のうちに釈放される可能性がある。一方、有罪判決を受ければ死刑を言い渡される可能性もある。

弁護団は2人の無罪を主張。北朝鮮にだまされてテレビのお笑い番組だと思い込まされ、液体は無害だと思っていたと訴えている。

友人や家族によると、2人とも気のいい女性で、俳優を志していたという。

一方、検察側は、2人が事実関係を知った上で計画的犯行に及んだとしている。

マレーシア当局によると、テレビ番組のプロデューサーとされた人物は北朝鮮の工作員で、そのうち4人は正男氏の殺害に関与した罪に問われたが、その後マレーシアから出国している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]