麻薬戦争続くメキシコ、2018年の殺人は3.3万件と過去最高

「麻薬戦争」の続くメキシコで、昨年の殺人事件の件数が過去最高のは3万3341件を記録した/Getty Images

「麻薬戦争」の続くメキシコで、昨年の殺人事件の件数が過去最高のは3万3341件を記録した/Getty Images

(CNN) メキシコで2018年に発生した殺人事件は3万3341件と記録が残るなかで過去最高となったことが23日までにわかった。メキシコ当局が報告書を発表した。殺人事件の多くは麻薬組織がからんだ暴力と関係しているという。

17年の殺人件数は2万8866件だった。女性が犠牲となった殺人は18年は861件を記録し、17年の759件から増加した。

メキシコでは麻薬戦争が続いている。政府は06年から麻薬組織の取り締まりを続けている。一方で麻薬組織間の抗争も発生している。

17年には1カ所で250体以上の頭蓋骨(ずがいこつ)が見つかってもいた。大部分は長年にわたる麻薬組織の犠牲者の可能性が高いという。

18年は記者にとっても犠牲者の多い年となった。昨年死亡した記者の数は9人だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]