米、EUの外交的地位を格下げ 事前通知なし

トランプ米政権が事前通告なしに、EU大使館の地位を格下げしていた/Carl Court/Getty Images Europe/Getty Images

トランプ米政権が事前通告なしに、EU大使館の地位を格下げしていた/Carl Court/Getty Images Europe/Getty Images

ワシントン(CNN) 欧州連合(EU)当局者は10日までに、米国のトランプ政権がEUの駐米大使や首都ワシントンにある代表部への外交的な処遇について、各国や各大使らと同等の地位から国際機関の代表並みに格下げしたことを明らかにした。

CNNの取材に応じたEU当局者によると、格下げはEUのオサリバン駐米大使が昨年12月、ブッシュ元大統領の葬式に参列した際に判明した。格下げに関するEU側への事前通知はなかったとしている。

米国のオバマ前大統領は2016年、EU大使を国家の大使級に格上げすることを承認。この判断を覆した今回の一方的な措置にEUは不快感を示している。ワシントンの各国外交官も「アマチュア」「外交的な規範に背く行動」と非難。格下げの背後に政治的な意図があるとの見方も出ている。

トランプ政権の発足後、米とEUの関係は貿易、イランの核合意や気候温暖化対策に関する国際協定などをめぐり対立が目立つ。米国はEUに影響を及ぼす安全保障政策でも事前折衝しないなどの行動を見せている。トランプ大統領はEU批判も口にしている。

EUの外交的な格下げについて米国務省は多数回の問い合わせに回答していない。格下げの措置が決まった時期やその理由、決定を下した責任者もわかっていない。EUに口頭もしくは文書で通知しなかった理由も不明。国務省はCNNの問い合わせに、米政府機関の一部閉鎖の影響を受け、返答出来ないとの自動メッセージで対応するのみとなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]