日本が防衛大綱を閣議決定 事実上の「空母」保有へ、戦後初

海上自衛隊の「いずも」型護衛艦/SPECIALIST 2ND CLASS NATHAN BURKE/US NAVY

海上自衛隊の「いずも」型護衛艦/SPECIALIST 2ND CLASS NATHAN BURKE/US NAVY

東京(CNN) 日本の安倍政権は18日に閣議決定した「防衛計画の大綱(防衛大綱)」と「中期防衛力整備計画(中期防)」で、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦を改修し、米国製の最新鋭戦闘機F35Bを運用する方針を示した。

日本は戦後初めて、事実上の空母を保有することになる。

発表された計画によると、航空自衛隊の主力戦闘機F15の後継として、米ステルス戦闘機F35を計105機購入する。このうち42機は、短距離離陸と垂直離着陸が可能な米戦闘機F35Bとする。

海上自衛隊最大の護衛艦いずもと、同型の「かが」は現在、ヘリコプターを搭載しているが、F35Bの重さや着陸時の熱噴射に耐えるよう改修する。

2019~23年度の中期防によれば、5年間の防衛予算総額は27兆4700億円。この中にはF35Aのうち27機、F35Bのうち18機の取得や、サイバー防衛など陸海空自衛隊が横断的に対応する領域への投資が含まれている。

菅義偉官房長官は同日の記者会見で、日本を取り巻く安全保障環境の変化に応じ、政府は国民の生命と財産を守るために可能な限りの手段を尽くすと強調した。

今後約10年にわたる防衛力の整備方針を示す防衛大綱は、大きな軍事力を持つ国や組織として中国や北朝鮮、ロシア、米国、北大西洋条約機構(ATO)の動向に言及している。

日本政府は今年8月の防衛白書で、中国の軍事力の近代化や運用能力の向上、日本周辺での活動のエスカレートに強い懸念を示していた。

いずもは米ニミッツ級空母や中国の空母、遼寧に比べればはるかに小さく搭載機の数も少ない。しかし中国は先月から、いずも空母化のうわさに神経をとがらせてきた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]